えいよう未来研究所
BOOKS
ハイパフォーマーが実践する飲食の技術
ハイパフォーマーが実践する飲食の技術
press to zoom
管理栄養士で自分らしく働く方法
管理栄養士で自分らしく働く方法
press to zoom
命の食事 最強レシピ
命の食事 最強レシピ
press to zoom
スポーツ少年少女の勝ちごはん
スポーツ少年少女の勝ちごはん
press to zoom

水分を摂るタイミング


現場ではたらく人にとって、熱中症対策は最重要タスク。

毎年7月がピークを迎えるが、1年で一番最初に救急搬送が報告されるのが5月。

まだ暑さに慣れていない時が、もっとも注意しなければいけないタイミングなのだ。

水分補給が大切であり、何を飲むか、いつ飲むかなど気をつかっている人も多いだろう。

活動を始めて汗をかき始めてから水分を補給していたのでは遅い。

なぜなら、汗で体内へ発散される汗の量は、水分補給をして胃から吸収される水の量を上回るからだ。

30分で発汗により失われるのはおよそ150〜500ml、水を飲んで胃から吸収されるのは150〜200ml。

場合によっては補給している水分の2倍量の水分が、失われていることになる。

つまり、活動をする前、時間的には4時間前からの水分補給が重要である。

水分補給とは何も水やスポーツドリンクからでなくても良い。

食事も立派な水分補給である。

日常的に汗をかく現場ではたらく人であれば、活動する前の朝、休憩を挟む昼、疲労を回復して次の日に備える夜、と3食しっかり食事を摂ることが水分を体に保持することに繋がる。

食事もコンディションを整えるためのものと捉えて、仕事のパフォーマンスをアップしよう。