賢いセンイの摂り方

2018/01/08

ある日の食事、として食物繊維がどれくらい摂れているか見てみよう。

 

 ※平均的な食事としてサンプル写真からえいよう未来研究所がエネルギーと食物繊維量を算出

 

 

 

 

野菜が添えられているし、味噌汁も具沢山、健康的な食事としてバランスも良さそうである。

この食事で総エネルギーは1588kcal、食物繊維量は15.7gである。

日本人の平均摂取量を見ても、40代男性は13.9g、40代女性は13gであるから、サンプルと同じような量だと言える。

 

「あと5g」を目標に摂取することでより理想に近づく。

 

1日20g、ごぼう350gと言われると果てしない気がするが、5gであれば現実的なのでは。

 

具体的にはどのように増やせばいいのだろう。

提案したいのは、主食の『状態』である。

 

 

 

 

 

 

 

つまり、ごはんを玄米や雑穀米に変えること。

 

1日3回食事をする人は、白米を玄米に変えることで繊維を増やすチャンスが3回もあるということになる。

3回で約5g増やすことができる。

 

 

 

 

精製してしまうと食物繊維が豊富な表皮の部分を削ってしまうことになる。

大腸がんの研究でも「穀物由来の食物繊維を多く摂ることで予防効果がある」とされる。

 

 

玄米が苦手という声もよく聞くが、麦ご飯や雑穀米でも良い。

最近はレストランや社員食堂でも白米か玄米、雑穀米など選べるところが増えている。

 

 

家で料理をする、というならオススメは小麦粉を全粒粉に変えること。

 

 

から揚げやお好み焼きなどにつかう小麦粉を全粒粉にしても味は変わらず、全粒粉に変えたことを言わなければ忘れてしまうくらいだ。

特にから揚げは衣がカラッと揚がり、風味が増す。

 

 

 

 

 

イタリアのパスタ売り場には全粒粉を使用したパスタも数多く並んでいた。

 

日本でも全粒粉のうどんが並ぶことを期待したい。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ARCHIVES

June 12, 2019

Please reload

Please reload

ARCHIVES

POPULAR TAGS