えいよう未来研究所

ARCHIVES

BOOKS
ハイパフォーマーが実践する飲食の技術
ハイパフォーマーが実践する飲食の技術
管理栄養士で自分らしく働く方法
管理栄養士で自分らしく働く方法
命の食事 最強レシピ
命の食事 最強レシピ
スポーツ少年少女の勝ちごはん
スポーツ少年少女の勝ちごはん

ARCHIVES

ARCHIVES

POPULAR TAGS

コロナ禍の社員食堂のあり方

弊社では施設給食の献立作成を行っております。

今まではどちらかというと100食以下の小規模施設が主でした。

ですが、コロナ禍で変化が出てきています。


先日お問合わせをいただいたのは、【社員食堂の献立作成】のお問い合わせでした。


以前は委託給食会社に社員食堂の献立作成から調理、運営まで一貫を委託していたのが、コロナ禍により社員のテレワーク等で食数が日々変動し、縮小している中でこれからは委託ではなく自営で運営を検討しているとのことでした。



確かに、食堂運営を委託するのは楽ではあるけれども食数が減少したり変動すると委託される側も経営上難しいことがあるのかもしれません。


また、社員食堂を置いていらっしゃる企業様の業種によっては、例えば宴会部門があり、コロナ禍で宴会も自粛要請となり腕を振るえないシェフがいる、ということもあるのかもしれません。 宴会で腕を振るえないシェフが社員の健康のために腕を振るう。そのため栄養管理された献立が必要だ、ということになるのでしょう。


コロナ禍で変化に対応できるしなやかな経営が必要とされる時代となりました。


テレワークが進む中でも現場で仕事をしなければいけない従業員の方には、頭が下がる思いです。

そんなみなさまに社食で、健康をサポートしたい。 そのお手伝いが弊社にできるのであればこんなにうれしいことはありません。


目まぐるしい変化に対応できるよう、えいよう未来では社員食堂向けの献立作成サービスをリリースいたしました。

契約年数等の縛りもありません。また、オフィスに社員の方が増えて、給食を委託することになるまで、とご利用いただければと思います。


えいよう未来 社員食堂献立作成

https://www.eiyomirai.co.jp/cafeteria #コロナ #社員食堂 #献立作成 #管理栄養士


%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%82%99%E3%81%84%E3%

はたらく人の健康マネジメント