はたらく人の健康マネジメント

えいよう未来研究所

June 12, 2019

えいよう未来研究所

平成30年 職場における熱中症による死傷者の数は1178名

そのうち死者は28名と報告されている。

「とりあえず塩飴」、「スポーツドリンク」といった現場での対策はもちろん、

普段から体調を整えておくことが予防につながる。

こどもや高齢者に多いが体調不良や二日酔い、朝食未摂取は成人でもリスクとなる。

一人一人が自分の命を守るために心がけること

そして仕事中はそれぞれが声をかけあって水分を補給...

September 1, 2018

えいよう未来研究所

ハイパフォーマーは夜食を

・1日の疲れをリセットできるもの

・いい眠りを誘うもの

・明日の仕事のパフォーマンスが上がるもの

を選択する。

それはすなわち

太りにくく、

疲労を回復し、

朝一から頭も体もフル稼働できる

ものである。

夜食はどんなものを食べればいいのか?

賢い夜食の摂り方は?

などPrecious.jpにて取材記事を掲載していただいています。

食べても太らない夜食とは?

ダイエットに影響しない...

May 8, 2018

現場ではたらく人にとって、熱中症対策は最重要タスク。

毎年7月がピークを迎えるが、1年で一番最初に救急搬送が報告されるのが5月。

まだ暑さに慣れていない時が、もっとも注意しなければいけないタイミングなのだ。

水分補給が大切であり、何を飲むか、いつ飲むかなど気をつかっている人も多いだろう。

活動を始めて汗をかき始めてから水分を補給していたのでは遅い。

なぜなら、汗で体内へ発散される汗の量は...

March 13, 2017

えいよう未来研究所

 やっぱり糖質は減らした方がいいんだよね?糖質制限ってみんなやっているけど、結局のところどうなの?ブームが定着しつつあるような「糖質制限」。

 「悪くはない。でもものすごく難しい。」というのが栄養指導をしている側の本音。その本質は、「糖質を制限するがゆえに不足してしまう栄養素、過剰になってしまう栄養素がある。」ということ。どういうことか?詳しく見ていこう。

炭水化物は糖質と食物繊維...

February 26, 2017

午後の仕事に集中できない、会議で眠くなる。それはランチに原因があるかも知れない。ランチの選び方で午後の仕事の効率に大きく差が出るだ。

Please reload

ながいかよ.jpg

ARCHIVES